葬祭総合サービス CEREMONY HOLL SHION

犬山・江南・扶桑・大口・岩倉・小牧・春日井の葬儀・法要は、シオン会館へご相談ください。

葬儀のいろは

  1. 木村屋 トップ>
  2. 葬儀のいろは>
  3. 事前に知っておきたいこと

ご葬儀のかたち

ご葬儀をどんな形で行いたいのか、ご家族で話し合われたり、葬儀社に相談したりするとよいでしょう。

一般的な仏式(お坊さんにお経を読んでもらうご葬儀)なのか、それ以外の宗教形式なのか。もしくは、特定の宗教儀礼にとらわれない無宗教形式(お別れ会など)なのか。

日本では多くの場合、ご葬儀といえばお坊さんにお経を読んでもらう"仏式"で行われることが一般的ですが、最近は宗教離れが進み、特定の宗教形式にとらわれない形でご葬儀を希望される方もいらっしゃいます。

また、ご葬儀の規模は、皆様にお知らせして行う一般葬なのか、家族や近親者のみで行う家族葬なのか。そういった事をある程度決めておくと、かかる費用や問題点が明確になってきます。

仏式でご葬儀を行う場合

一般的な形式である、仏式でのご葬儀をご希望される場合は、ご葬儀の際、寺院に読経の依頼をする事になります。先祖代々のお付き合いがある菩提寺(自分のお寺)がある場合は、そこに依頼すれば問題ありませんが、そういった寺院とのお付き合いがない場合は、ご葬儀までに依頼する寺院を決定しなければいけません。
寺院の選定は、(1)宗派 (2)場所 (3)今後の付き合いをどうするか (4)後の供養をどうするか 等の点に注意して決めなければいけません。
それぞれに注意しなければいけない点がありますので、その一部をご案内します。

(1)宗派について

日本では法律によって宗教の自由が守られていますが、実際には「○○家は先祖代々□□宗」と決まっている場合が多くあります。もちろん、時代の変化で最近ではそこにこだわる方も少なくなってきましたが、地域的な風習で暗黙のルールとなっていたり、年長者の方の中にはそういった所にこだわる方がいらっしゃる場合もあります。勝手に決めてしまうと親族間で思わぬトラブルになる場合もあります。

(2)場所について

依頼する宗派の寺院が近くにあればよいのですが、地域によっては希望する宗派の寺院がない所もあります。
あまり遠方の寺院の場合、お参りに行く、または自宅に来てもらうなど、後のお付き合いが困難になる場合もあります。

(3)今後の付き合いについて

一般的に「寺院に葬儀を依頼する」という事は、その寺院の檀家になるという事で、その寺院を支えていく一員になる義務が発生します。しかし、近年では「跡継ぎがいない」「そういった付き合いは煩わしい」などと考えられる方も多く、"ご葬儀だけをお願いする"という方もいらっしゃいます。
ただし、こういった依頼を受けて頂ける所とそうでない所がありますので、事前にきちんとしたご相談が必要になります。

(4)後の供養をどうするか

ご葬儀が終わりお骨になると、普通はいずれどこかに埋葬(納骨)をする事になります。
散骨といった方法もありますが、あまり一般的ではありませんし、自治体によっては規制をしている所もあります。

これからお付き合いをする寺院を選定する際、後の供養についても考えなければいけません。

  • すでに先祖代々のお墓があり、新たに別の寺院とお付き合いを望む場合は、先祖代々のお墓をどうするのか考えなければいけません。
  • 寺院の管理する霊園にお墓(墓地)が用意してある方は、ご葬儀を他の寺院(他宗派)に依頼しても問題がないか?
  • 永代供養などを希望する場合は、どこの寺院でも引き受けてくれるとは限りませんので、それが可能かどうか事前に確認が必要です。

また、永代供養の方法も寺院によって様々です。個別の納骨堂を持っている所や、他の人と合同の合祀墓であったりと、その費用や方法は寺院によって全く異なります。
そういった事もある程度考慮しながら寺院の選定をすれば、後悔しないお付き合いが叶うと思います。

神道・キリスト教で葬儀を行う場合

日本のご葬儀の8割以上は仏式で行われています。残りの2割弱の中で、神道やキリスト教、無宗教といった形式でご葬儀をされたり、中には"ご葬儀を行わない"という方もいらっしゃいます。

一般的な仏式(お坊さんにお経を読んでもらうご葬儀)なのか、それ以外の宗教形式なのか。もしくは、特定の宗教儀礼にとらわれない無宗教形式(お別れ会など)なのか。

神道では神官さんに来てもらい、神葬祭としてご葬儀をとり行います。地域や神社によって様々な作法がありますが、一般的には祭壇を飾り、通夜祭(遷霊祭)、神葬祭、十日祭と、仏式で言う所の通夜・葬儀・初七日を行いますので、大まかな流れは仏式と同じと考えてよいでしょう。
仏式でいう所の焼香は、神道では玉串奉奠となります。

葬儀を取り仕切ることができる神官さんが全ての神社にいらっしゃる訳ではありませんので、日頃のお付き合いがない方は、事前に調べておいたり、葬儀社に相談すると良いでしょう。シオンでは寺院だけでなく、神官さんのご紹介も承っております。

キリスト教のお葬式は、カトリックとプロテスタントでは、死に対する考え方が異なり、葬儀の内容も少し違いがありますが、大きな流れとしては通夜(前夜式)※宗派によって行わない場合もあります、葬儀・告別式とあり、神父(カトリック)・牧師(プロテスタント)と共に聖書の朗読や聖歌・賛美歌の合唱、祈りなどを行います。

一般的に献花を行う場合が多いようですが、献香といって焼香を行う場合もあります。
葬儀は教会で行うことが多いのですが、シオンの葬祭場をご利用いただく事も可能です。

無宗教でご葬儀を行う場合

近年「無宗教でご葬儀を行いたい」というご希望をされる方が増えてきました。
しかし、現実には無宗教のお別れ会形式などはまだまだ一般的とは言えず、「ご親戚の方の手前」「良く分からないから」「実際に何をして良いのか分からない」等といった理由から、仏式でご葬儀をされる方が多くいらっしゃいます。

また、「無宗教形式の葬儀」では、ご遺体のある状態でご葬儀を行う場合が多いのですが、「お別れ会」の場合は、ご遺体を安置した状態で"葬儀"を兼ねて行う場合と、親族のみで密葬を行い、後日「お別れ会」を開催する場合とあります。

一般的に無宗教形式の葬儀では、開式の辞→黙祷→献花→メモリアルビデオの放映や音楽の演奏(献奏)→お別れの言葉(弔辞)→閉式の辞→お別れ→出棺 といった流れで行われる場合が多いのですが、確立された物ではなく特別な決まりもない為、どんな内容を希望しても構いません。しかし、逆を言えば、「何がしたいのか?何を表現したいのか?」が明確に決まっていなかったり、流したい曲もない、お別れの言葉を述べてくれる人もいない、メモリアルビデオもない、複数枚の写真もない といった方は、内容のない式になってしまい、非常に意味のないものになってしまう可能性もあります。

火葬を先に行い、後日お別れ会等を開催する場合は、段取りにかける時間的猶予がある為、様々な演出の準備やビッフェスタイルの食事などへの対応も可能となります。

シオンでは、お客様一人一人のご希望に真摯に向き合い、どんなご希望にも対応出来るよう最大限の努力をいたします。どうぞご遠慮なくご相談ください。

「葬儀のいろは」一覧に戻る

今すぐご葬儀の手配が必要な方

まずはお電話ください。シオンは24時間365日対応させていただきます。

TEL:0120-114-287

無料相談のご案内

「いざ」という時に備えて。

  • 祭壇セット一式とよく聞くけど何が含まれているの?
  • もしもの時、まずどこに連絡すればいいの?
  • 今のところお寺さんなどとお付き合いがないのですが・・・
  • 結局、総費用はいくらかかるの?
  • 葬儀について何も分からないのですが・・・

【開催時間】毎日 午前9時~午後4時 【開催会場】各ホールセレモニー

どんな些細なご質問でもスタッフが誠心誠意お答えします。

無料相談会へのお申し込み

ページの先頭へ