葬祭総合サービス CEREMONY HOLL SHION

犬山・江南・扶桑・大口・岩倉・小牧・春日井の葬儀・法要は、シオン会館へご相談ください。

よくあるご質問

  1. 木村屋 トップ>
  2. よくあるご質問

お客様から寄せられる、よくあるご質問をまとめました。

もしもの時は深夜でも対応してくれますか?

ご安心ください。シオンでは24時間365日、昼夜問わずお客様の元へ駆けつけます。
病院からの搬送を含め、葬儀に関する全てに対応いたします。また、葬儀の相談だけでも承ります。お気軽にご連絡ください。

身内が亡くなった時、まずなにをしたらよいでしょうか?

まずは近親者への連絡、葬儀会社への連絡が一番です。その後、寺院などへの依頼をします。
その後、喪主の決定や遺影写真の準備、親族や参列者の想定人数を割り出し、打ち合わせに備えます。
葬儀に関する全ての準備はもちろん、火葬場予約・死亡届の手続に関してはシオンで代行して行います。

遺体の安置は、どうするのが一般的ですか?

支障がなければ一度自宅に帰し、布団に安置するのが一般的です。病院にお迎えにあがりましたスタッフが、自宅までの搬送と枕飾り等の準備をし、故人を安置します。
また、住宅事情などで自宅に安置するのが難しいときは、お近くのシオン会館の想送室などに安置することができます。

訃報を伝える範囲やタイミングは?

臨終直後は、ごく近親者のみに訃報を伝えると良いでしょう。
遺体の安置後、葬儀社の説明を充分に受けたうえで寺院に連絡します。
その他の親しい友人や知人などは、葬儀の具体的な日時が決まり次第、連絡するのが良いでしょう。

寺院との付き合いがないのですが、どうすれば良いでしょうか?

まずは故人に関わりのある宗派を確認してください。ご親戚の方などにお伺いすると良いでしょう。宗派が分かれば、シオンにて近隣の寺院を紹介させて頂く事も可能です。
特に宗派にはこだわらないと思っても、違う宗派にしてしまうと親族間で思わぬトラブルになる場合もありますので、十分に確認しましょう。

お布施はいくらぐらい包めば良いでしょうか?

お布施の金額は、地域や宗派、そのお寺様との関係によって異なります。戒名によっても金額が違う場合が多いことが一般的です。
一概にどのくらい包めば良いかお答えはできませんが、シオンでは状況に応じたアドバイスをさせていただきます。

葬儀の日時はどのようにして決めるのでしょうか?

一般的には、火葬場の空き状況、寺院の都合、葬祭場の空き状況、そして遺族の皆様の希望によって決定されます。

一般的には、死亡翌日に通夜、その翌日に葬儀・告別式・火葬・初七日法要を行うことが多いようです。
葬儀式場は、どのように選べばよいですか?

規模や交通の便、駐車場などの条件をふまえ、選ばれると良いでしょう。
近年はほとんどの方が、葬儀社が運営する葬祭場で葬儀をされる事が多くなってきました。もちろん、火葬場にある斎場や集会所、寺院、自宅での葬儀も可能です。しかし、天候や駐車場などの条件を考えると、専用の葬祭場での葬儀が便利だと思います。
シオンでは、お客様のご希望を元に最適なアドバイスをさせていただきます。

喪主になる人は決まっているのでしょうか?

喪主は遺族の代表として弔問を受ける役目があるため、故人と最も近い人が務める場合が多く、跡取りの方が喪主を務められるケースが多いようです。
ただし、息子がいない・子供がいない・高齢であったりと、様々なご事情がございますので、基本的にはどなたが喪主になられても構いません。
シオンでは喪主になられる方が戸惑う事のないよう、適時適切にアドバイスをさせて頂きますので、ご安心ください。

棺に納める遺愛品は何を入れれば良いでしょうか?

故人が生前愛していたものを納めましょう。ただし金属製品やガラス類などは火葬場で禁止されているのでご注意ください。
遺族としては多くを持たせてあげたいでしょうが、あまり多量にならないようにしましょう。

供花の名札の順番に決まりはあるのでしょうか?

この地域では「会社関係」「地域関係」「親類関係」の順で並べることが多いようです。
シオンの葬祭ディレクターが適切にアドバイスをさせて頂きますが、地域の風習により順番が異なりますので、皆様のご意見を総合して判断する事が大切です。

葬儀参列者数の予想の仕方はありますか?

年賀状の枚数や携帯電話の登録数などから、ある程度の目処をつけていきます。
また、親族、友人関係、仕事関係、ご近所様、喪主の仕事関係、子供の関係等、それぞれの角度から予測していくと具体的に見えてくると思います。
シオンでは、返礼品は返品が可能ですので、ある程度予備を見てご注文頂く事により、想定外の参列者数にもあわてる事なく対応が可能です。

喪服は、レンタルできますか?

可能です。葬儀の打ち合わせの際に、担当者にお問い合わせください。(一部ご持参いただくものもございます。)
女性の和服は、着付けなどもあわせて手配することができます。
また、男性用略礼服やマタニティなども承ります。

会葬御礼と香典返しは違うのですか?

会葬御礼は、香典の有無にかかわらず通夜や告別式に訪れた方へのお礼の気持ちとして、お足代程度の品を礼状と合わせてお渡しするものです。
香典返しは、香典をいただいた方にお礼として渡す返礼品を指します。
四十九日の法要に合わせてお返しをされる方が多いようですが、最近では即返し(当日返し)などのご要望も増えています。
どちらも対応可能ですが、一度シオンのスタッフにお問い合わせください。

葬儀の返礼品が余ったら、引き取ってくれますか?

1個からでも返品可能です。
シオンではご利用分の返礼品を実数精算する形をとっておりますのでご安心ください。
また、葬儀が終わった後でも、自宅に弔問に訪れる方がありますので、しばらく予備をお持ち頂き、1~2週間程した後から返品頂く事も可能です。

会葬者への挨拶は何を話せば良いでしょうか?

故人への生前のよしみと参列への御礼、また遺族に対する今後も変わらぬお付き合いなどをお願いするのが一般的です。
シオンでは例文をご用意しております。お気軽にご相談ください。

葬儀費用の注意点は、どんな所ですか?

葬儀費用は大きく分けて、ある程度固定されている祭壇セット料金の部分と、食事や返礼品など、変動的な付帯費用の部分、そして僧侶などへのお礼(お布施)の3つの費用が必要になります。
変動的な食事や返礼品などは、事前に正確な見積もりを出す事は難しいのですが、ある程度予想をたてて、それを含めた総費用をイメージする事が大切です。
シオンでは、お客様のご要望を最優先に相談させて頂きます。予算が心配なときは率直にご相談ください。

家族葬とはどのような葬儀ですか?

家族葬 という明確な基準がある訳ではありませんので、家族数人だけの葬儀から、家族・親戚・友人・知人を加えた20人~30人規模の葬儀まで、その規模は様々です。
一般的には「家族を中心に小規模で行う葬儀」という解釈をされている事が多いようです。

家族葬を行う際に注意することはありますか?

故人の遺志を受けて家族葬で行ったところ、礼状や香典返しの準備もできていないまま、葬儀に参列できなかった人たちがお参りのために頻繁に自宅へ訪問され、断ることもままならない状態が長く続いてしまうというケースもあります。
葬儀とは、家族だけの問題ではありませんので、故人だけでなく、遺族・親戚その他のご関係も考慮し、家族葬に適しているかを冷静に判断する事が大切です。

なぜ葬儀を行うのですか?

葬儀は大きく分けて3つの要素をもっています。

  • ・故人の霊を慰め供養するという宗教儀礼としての要素
  • ・ご遺体を火葬するという物理的な要素
  • ・故人とお別れしていただくという社会的な要素。

しかし、葬儀を行うのはその3つの要素を満たすためだけではありません。

葬儀という儀式を行うことで、大切な人が亡くなったことを現実として受け止め、悲しみを共有し、慰め合うことで心がケアされていく大切なプロセスでもあります。

葬儀会社は、どんなことをしてくれますか?

シオンでは葬儀に関するすべてをお手伝いします。
病院からの搬送、ご遺体の処置、打ち合わせ、式場・火葬場の手配、祭壇など会場の設営、料理・返礼品の準備、参列者のご案内など、葬儀に関するすべてを行います。
葬儀とは、多くの場合突然訪れ、そして時間的猶予がないケースがほとんどです。そんな中、数々の決め事や、地域のシキタリなどの空気感、段取りなど、大変に思う事が沢山ありますが、シオンでは遺族の皆様が戸惑うことのないように、適切に半歩前の案内を心掛けております。
納得のいく葬儀を行うためには、お客様とのコミュニケーションが大切になります。
どんな小さなことでも構いませんので、いつでもお近くのシオン会館にお問い合わせください。

事前の相談や葬儀社をあらかじめ決めておくことは不謹慎ではありませんか?

最近のデータで「2人に1人は不幸が起こる前に葬儀社を決めている」ということを考えると、事前相談は一般化しています。弊社のアンケートでも、遺族の方から「事前相談をしてよかった」「事前相談のお陰で慌てずにすんだ」とご回答頂く事が多くあります。
「事前に葬儀のこと考えるなんて縁起でもない」という考え方もございますが、近年その意識は急速に変化しております。生前に本人が希望表明するケースもある程です。

葬儀について知りたい事項は次のようなことです。

  1. 葬儀の手順など一般的な知識
  2. 葬儀費用(料金)について
  3. 準備しておくこと
  4. 心構え

まずはお気軽にお近くのシオン会館か、フリーダイヤルにてご相談ください。

葬祭ディレクターってなんですか?

葬祭ディレクター技能審査協会が実施する葬祭ディレクター技能審査(厚生労働大臣が認定する技能審査のひとつ)に合格することにより認定される資格で、いわゆる葬儀における専門知識や技術を身に付けた者のことを示します。

受験資格は以下の通りです。
1級:葬祭実務経験5年以上、または2級合格後、2年以上の実務経験を有する者
2級:葬祭実務経験2年以上を有する者

友引に葬儀をしてはいけないのでしょうか?

友引に葬儀をしてはいけないことはありませんが、火葬場が休場していることが多く、友引の日に葬儀(火葬)できない地域があります。
また、“友を引く”と捉えられる事から、ご年配の方を含め気にされる方もいらっしゃいますので、皆様と相談しながら決めていかれるのがよろしいと思います。
土地によっては、棺の中にお人形を入れるなどして、ご葬儀を行う場合もあります。
ちなみに、友引を決める六曜と仏教は関係がありません。

遺言と遺書の違いはなんですか?

「遺言」とは自らの財産などを自らの死後にどうするかについて、生前に定めること言います。ユイゴンと発音する場合が多いのですが、法律的にはイゴンと言います。
遺言と似たものに「遺書」がありますが、法律的には大きな違いがあります。
遺書も本人が書き残すもので、その内容は本人の遺志として尊重されるべきものでしょうが、法律的には効力を持ちません。
これに対し遺言は、有効となる内容と形式がすべて法律で定められているものです。

葬儀の後のことも相談出来ますか?

葬儀が終わった後も各種手続き・相続・香典返し・法要・墓地・仏壇など、それぞれの分野において、シオンのスタッフが葬儀に続きトータルサポートさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

葬儀を終えた後の手続きは何がありますか?

大きく分けて以下の3つになります。

役所関係の手続き

種類 手続き先 期限
世帯主の変更 市町村役場 死後14日以内
国民健康保険資格喪失届・保険証の返却 市町村役場 死後14日以内
国民健康保険 葬祭費の請求 市町村役場 葬儀後2年以内
介護保険の資格喪失届、保険証の返却 市町村役場 死後14日以内
高額療養費の請求 市町村役場 勤務先等 支払日から2年以内
年金受給停止手続き 市町村役場・社会保険事務所 死後10日以内
国民年金、厚生年金の遺族年金の請求 市町村役場・社会保険事務所 死後5年以内
健康保険の埋葬料の請求 社会保険事務所 死後2年以内
所得税の準確定申告 税務署 死後4ヶ月以内
医療費控除の手続き 税務署 死後4ヶ月以内
相続税の申告 税務署 死後10ヶ月以内
運転免許所の返却 所轄の警察署  
パスポートの無効手続き・返却 各都道府県の旅券課  
その他    

その他 名義変更など必要な手続き

電気、ガスなど契約名義変更 各事業者の営業所等
電気料金 契約者変更 中部電力など
ガス料金 契約者変更 契約しているガス会社
水道の名義変更 市町村の水道課 水道局
電話加入権 NTT
NHK受信契約者の変更 NHK
携帯電話の解約 各キャリア
インターネット回線・プロバイダ 各事業者
借家の場合 賃貸契約の名義変更 大家・公団・公社など
土地建物などの不動産 法務局(司法書士に依頼)
有価証券 証券会社
自動車 陸運局
クレジットカードの解約 各事業者
その他  

会社勤務の場合

返還するもの 会社の資料、社員証、バッジ、鍵、健康保険証など
提出するもの 死亡退職届 死亡届などの必要書類
確認して必要な措置をとるもの 死亡退職金、最終給与、財形・社内預金、団体生命保険、企業年金、健康保険の葬祭費・埋葬料、労災保険、その他。

※詳細は勤務先にご確認ください。

焼香って何でするのですか?

様々な説がありますが、仏様に対するお供え(供養)の意味と、自身を清める為、お香の香によって匂いを消す為などとも言われます。

お葬式をしない人っていますか?

近年、直葬という言葉が生まれ、通夜や葬儀といった葬送儀礼を行わずに、火葬だけを行う方もいらっしゃいます。しかし、人の命の大切さや尊厳を考えた時、安直にそれを選択する事は避けたいものです。費用をかけなくても、心のこもったご葬儀を行う事は可能です。

お寺さんって呼ばないといけないのですか?

近年では宗教離れが進み、特定の宗教儀礼にとらわれずにご葬儀を行いたいという方も増えてきました。しかし、現実には先祖代々の供養の形を継承している場合が多く、お寺さんを呼ばない葬儀=無宗教葬の実施には、近親者のご理解を頂く事が不可欠です。

棺は何で出来ていますか?

多くの棺は、フラッシュと言われる、合板を張り合わせた木製の棺です。これは、現在の日本ではほとんどが火葬を行う為、「燃えやすい」事も大切な要素だからです。火葬に時間がかかれば、それだけCO2の発生も増加します。最近では木製の棺の表面に布を張った、洋風の布棺も人気が高いようです。
また、一部の高級棺には漆塗りの棺や、無垢の木製棺もあります。

葬儀の時、お坊さんが大勢きていましたが

一般的に、禅宗や浄土宗などといった宗派の場合、葬儀に導師が一人(菩提寺の住職)、役僧が数人くる場合があります。宗派や地域性、そして寺院毎にやり方が異なる場合がありますので、僧侶の人数も様々です。
一般的にこの地域の禅宗(臨済宗や曹洞宗)の場合、片鉢・両鉢などと言い、4人や7人といった単位で僧侶がきます。

線香の匂いが嫌いなのですが

誠に残念ですが、我慢するしかないでしょう。最近では、煙の少ないお香を使っている葬祭場も多いようです。

お葬式の時に言ってはいけない言葉ってありますか?

「重ね重ね」などの重ね言葉は、不幸が重なるとされ言ってはいけない言葉です。その他に「続いて・再三・たびたび・しばしば・返す返す」などの忌み言葉や「死ぬ・死亡・生きる・ 生存」なども控えた方がよいでしょう。

葬儀や法要、シオン会館へのご質問やご要望など、お気軽にお問い合せください。

年中無休24時間受付 0120-114-287

お問い合わせ

今すぐご葬儀の手配が必要な方

まずはお電話ください。シオンは24時間365日対応させていただきます。

TEL:0120-114-287

無料相談のご案内

「いざ」という時に備えて。

  • 祭壇セット一式とよく聞くけど何が含まれているの?
  • もしもの時、まずどこに連絡すればいいの?
  • 今のところお寺さんなどとお付き合いがないのですが・・・
  • 結局、総費用はいくらかかるの?
  • 葬儀について何も分からないのですが・・・

【開催時間】毎日 午前9時~午後4時 【開催会場】各ホールセレモニー

どんな些細なご質問でもスタッフが誠心誠意お答えします。

無料相談会へのお申し込み

ページの先頭へ